生産設備をIoT化するにはプラント設備に関する知見が求められる

工場には様々な製造形態・ラインがありますが、それらの生産ライン・設備からデータを取り出し、IoT化していくには製造工程やライン設備に関するある程度の知識や経験が必要になります。

同時に、それらの生産設備データをどの様にビジネスに活用していくのか、ビジネス的な改善・改革の仮説を持っているからこそ、それらの設備データを生かしていくことが可能なのです。

DEXCAでは、ビジネスコンサルティング経験とプラントエンジニアリングの知見を豊富に持つメンバーにより工場・生産設備のIoT化をご支援させて頂いております。

工場IoTのデータ設計を行っていく上で考慮する視点

  1. 収集データ項目の取捨選択
  2. データ変換・読み替え
  3. タイミング
  4. 柔軟にマッピング変更可能か
  5. クラウド環境への接続性
  6. セキュリティー

プロセス工場のIoT化・AI適用にはPLCの理解が必須

組立工場のAIはエッジコンピューティングに向かう

 

AI適用を見据えたデータ設計

現時点での目的はIoT化による効果創出かも知れませんが、その先にはAIの適用による自動化、合理化や予測による柔軟な生産形態への変革が見えてきます。

そこをも見据えて必要となる可能性があるデータを取得・設定できるように考慮しておく必要があるのです。DEXCAではAI適用を視野に入れた工場設備のIoTデータ設計をご支援しております。

工場の AI 活用が進まない10の理由

 

 

 

 

カテゴリー

人気の記事

  1. record-windows-operation-and-automate