RPA導入ROI確認・計画シートとは

RPA導入プロジェクトの企画・推進責任者の方々向けにRPA導入予算と効果を計画出来るExcelテンプレートをご提供させて頂いております。内容としては下記の項目を具体的に計画して頂けるテンプレートとなっております。

◆ 費用項目

  • RPAライセンス費用:計画用にWinActor の標準単価が入っていますが、実際に購入される際は個別のお見積りが必要です。
  • 導入費用
    • プロジェクト要員(外部):依頼される想定ベンダーの人月単価を設定します。
    • プロジェクト要員(内部・部門別):会社毎の内部標準単価を設定しますが、細かく単価を分けたい場合は行を追加します。
  • 保守費用:導入費用と同じシートで内部人件費として計上する構造となっておりますが、外部に保守を依頼される場合は式を調整します。
  • ハードウエア費用:サーバ購入、RPAロボットが操作するPCの購入をライセンス購入月と同じ月に計上しています。

◆ 効果項目

  • 効果算定の為の業務プロセスリスト(テンプレート)

RPAで自動化しようとする業務に現状の業務でどの程度の工数(時間)を要しているのか、その時間とパイロットなどで算定した工数削減率を基に業務効率化効果を算定します。業務プロセスの例のシートが付属していますが、当然会社毎に異なるものですので、現状の業務プロセスリストと組織をご準備頂く必要がございます。

 

ROI確認・計画シートのイメージ

ご提供可能なテンプレートはExcelファイルとして作成した複数シートとなっております。一般的なIT投資判断に使われる(と思われる)機能は盛り込んであります。

  • プロジェクト開始日(月)設定
  • 要員別の単価(内部・外部)設定
  • CAPEXとして計上する資産の償却(定額)計算
  • キャッシュアウト/費用計上(財務)月ズレ

こちらからダウンロード出来ますが、会員以外の方でご興味がある方はこちらからお問合せ下さい。

貴社名【必須】
部署名【任意】
お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
何に関するお問合せでしょうか?
その他のご要望・ご質問など

 

カテゴリー

人気の記事

  1. record-windows-operation-and-automate